金融機関の審査あり

資金計画やローンの借入先

注文住宅を建築することを決めたらまず気になるのが価格ではないでしょうか。とはいえ住宅は人生で一番高い買い物とも言われその費用に見当がつかないという人も少なくありません。実際に一戸建て注文住宅の平均建築費は3,000万円前後といわれています。住宅を購入する多くの人は住宅ローンを組んで住宅を購入します。しかし数千万円のローンを組んで35年で返済した場合には200万円前後の利子を支払う必要があるのです。ですから住宅を建築する際には予算を明確にしておくことはもちろん返済計画をしっかり立てる必要があります。特に注文住宅の場合は予算が大きく変動することも多いのでしっかりと予算や計画を立てておく必要があります。ローンの利子は金融機関や商品によって異なるので複数の金融機関で審査を行い金融機関を決めることでも最終的な返済金額を減らすことも出来るのです。

住宅ローンを借りる金融機関の決め方

注文住宅に限ったことではありませんが住宅を建築する際に住宅ローンを組む場合には事前に金融機関が審査を行われます。ローンを申し込んだ人のみが審査を行われます。審査といってもどのような会社にどのくらい勤続していて住宅ローン以外の借入、クレジットカードの有無、今までの借金歴などが調べられます。通常は申し込んだ本人についてのみ行われるのですが金融機関の中には配偶者などについても調べられることもあるのですが本来はこうした人の個人情報を得ることはできないのです。融資を連名で申し込んだ場合には申し込んだ人すべてが審査対象になります。そしてこうした判断は金融機関によって異なります。貸す、貸さないという判断もそうですが貸し出す金額も金融機関によって異なります。ですからより有利な条件で貸してくれる金融機関を探すことでも資金計画が大きく異なります。とはいえ金融機関が貸してくれるからといって返済できるとは限りません。その後の生活をしっかり想定した返済計画を立てることが重要です。