住宅に求めるもの

住宅を建築する建築会社の特徴

設計事務所で注文住宅を建築した場合には一般的にはその他の建築会社で建築した場合よりも高額な費用が掛かることが多いのです。というのもこうした設計事務所で注文住宅を建築した場合、設計料が数百万円になることが多いからです。もちろんハウスメーカーなどその他の建築会社でも設計料は必要です。ハウスメーカーなどは自社で設計を行い施工までを監理します。ですから言い方は少し悪いですが費用の内訳をどうにでも操作することができるのです。一方で設計事務所では設計業務と監理業務のみを行い施工に関しては別会社で行うことがほとんどです。ですから設計管理料としてハウスメーカーと比較すると高額ともとれる報酬を請求され建築費用が高くなるのです。設計事務所によって報酬の計算方法は異なりますが建築費用の2割前後の報酬を設計管理料として請求されるのでトータル的な費用としてはやはり高額になってしまうのです。

最近の注文住宅に求められているもの

最近の注文住宅は自宅でエネルギーを作り出しそうしたエネルギーを使用するというゼロエネルギー住宅というものが注目されています。自宅でエネルギーを作り出すというのは太陽光発電や地熱発電システムなどのことです。こうした設備を導入した上で住宅自体も省エネ化し使用するエネルギーを少なく設計するのです。こうした大掛かりな設備は当然導入に数百万円単位で費用が掛かります。しかし自宅でエネルギーを作り出すということは光熱費が必要なくなるのです。注文住宅で自宅を建築する場合にはどの程度の設備を導入するかなど使用するエネルギー量を考慮したうえでそれぞれの家庭に合った容量の設備を導入することができるのです。国や自治体もこうした省エネ住宅の推進に力を入れていることから補助金などのサポート制度が充実しているのです。同じ導入するのであればサポートのある機関に導入を決断する人も多いのです。